NHKきょうの料理 ピーマンのえび肉詰めと春雨サラダのレシピ 土井善晴の満足おかず 6月2日

 

2016年6月2日(木)、3日(金)放送の

NHKきょうの料理。

今日は「土井善晴の満足おかず」

土井先生の登場です。

 

夏も近くなってきました。

夏が旬の露地物のピーマンを使った

「ピーマンのえび肉詰め」

 

スポンサーリンク

エビだけでなく鶏のひき肉も加えて

うまみを凝縮します。

肉だねの詰め方にも特徴が。

軽く詰めておいてフライパンにぎゅっと

押し付けることでタネを落ち着かせます。

冷凍エビの下処理を丁寧に。

この作業でエビ臭さがすっきりと無くなり、

エビ本来のうまみが感じられます。

 

そして付け合わせには

「春雨サラダ」を。

さっぱりと酢の効いたサラダは、

暑くなるとうれしいものです。

そのまま飲んでもおいしい酢じょうゆを

回しかけて、冷やし中華のような

すっきりとしたサラダ、酢の物に。

 

土井善晴のレシピ100 [ 土井善晴 ]

おいしいもののまわり [ 土井善晴 ]

ピーマンのえび肉詰め

 

材料(4人分)

 

ピーマン・・・6~8個(210g)

 

肉だね

エビ(無頭/冷凍殻付き)・・・180g(正味150g)

鶏ひき肉・・・70g

玉ねぎ(みじん切り)・・・70g

しょうが(みじん切り)・・・5g

片栗粉・・・大さじ1

塩・・・小さじ1弱

 

米酢、溶きがらし・・・各適量

 

小麦粉、サラダ油、トマトケチャップ

 

作り方

 

肉だねを作る。

エビは流水の下で殻をむいて尾を取り、

水が濁らなくなるまで洗ったあと、

水けをしっかりとふき取る。

背を開いて背ワタを取り粗く刻む。

 

ボウルに刻んだエビとひき肉、

玉ねぎ、しょうがを入れて、

片栗粉、塩を加え、

手で全体がまとまるまで混ぜ合わせる。

 

ピーマンは縦半分に切って

ヘタと種を取り、

内側に茶こしで小麦粉適量を振る。

 

フライパンにサラダ油大さじ1を入れて

全体に広げ、ピーマンに肉だねを適量詰めて、

肉側を下にしてフライパンに押し付けるように

並べていく。

軽く詰めて押し付けると、

肉だねが隙間なくぴったりと収まる。

 

この後に中火にかける。

肉だねに焼き色がついたら裏返し、

熱湯カップ1/3を入れてフタをし、

2~3分間蒸し焼きにする。

火が通ったらフタを外して水分を飛ばす。

 

フライパンに皿をかぶせ、

フライパンごとひっくり返して盛り付ける。

小皿にトマトケチャップ適量と米酢、

溶きがらしを入れて添える。

 

スポンサーリンク

春雨サラダ

 

材料(4人分)

 

春雨(乾)・・・50g

きゅうり・・・1本

ハム(薄切り)・・・70g

ちくわ・・・1本(100g)

もやし・・・150g

卵・・・1個

 

酢じょうゆ

薄口しょうゆ・・・大さじ1

米酢・・・大さじ5

砂糖・・・大さじ2

ごま油・・・大さじ1

 

白ゴマ・・・大さじ1

 

塩、サラダ油

 

作り方

 

きゅうりは斜め薄切りにし、

重ねて並べて千切りにする。

 

ハムも千切りにしておく。

ちくわは半分に切ってから斜め薄切りに、

もやしはひげ根を取る。

 

卵に塩少々を加えてときほぐし、

サラダ油少々を熱したフライパンに薄く流して

両面を焼く。

 

巻きすなどに取り出して冷まし、

食べやすい長さに切り分けて重ね、

せん切りにして錦糸卵にする。

 

鍋にたっぷりの湯を沸かし、

春雨を3分間茹でて網じゃくしなどですくって水にとり、

ざるに上げて水けをきる。

十文字に包丁を入れて食べやすい大きさに切る。

 

同じゆで汁でもやしを1分間ほどゆで、

ざるに上げて塩少々をふり、

うちわなどで風を当てて冷ます。

 

酢じょうゆの材料を混ぜる。

 

サラダボウルなどに春雨とほかの具を彩りよく盛り、

酢じょうゆを回しかけて白ごまを散らし

しっかり和えてなじませる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す