この差って何ですか? カレーライスを和食と中華のプロはこう作る! マンネリカレーを脱出! 12月13日

 

2015年12月13日(日)放送の

「この差って何ですか?」で、

家庭の定番メニュー「カレーライス」の

マンネリを脱出するレシピ、

「和食のプロと中華のプロが作るカレーライス」

紹介しました。

 

 

スポンサーリンク

和食のプロは

麻布かどわきの門脇俊哉さん、

中華のプロは

陳健一の一番弟子、

スーツァンレストラン陳の菰田欣也料理長です。

 

これで、いつものカレーも一味違ったものに

なりますね。

 

 

和食のプロが作るカレーライス
ナスと柿の和風カレーのレシピ

 

材料(4人分)

 

タマネギ・・・大2個

合いびき肉・・・600g

だし・・・1.3L

バーモントカレー中辛・・・57g

 

ナス・・・8本

ごま油・・・適量

しょうゆ・・・適量

 

トッピング

柿・・・1個

長ネギ・・・1/3本

ごま油・・・適量

 

 

作り方

 

タマネギをさいの目切りにし、

鍋にサラダ油を熱して、

あめ色になるまで炒める。

 

別のフライパンに合いびき肉を入れ、

酒を入れてから火をつける。

酒で肉の臭みを消して

うまみを引き出すため。

 

火が通ったら、

フードプロセッサーに入れて

ひき肉をペースト状にする。

 

タマネギを炒めた鍋の中に、

肉のペーストを加える。

 

ここにカツオだしを入れ、

しょうゆ、みりんを加えて煮込む。

 

カレールーを通常の半分の量入れて、

(かつおだしで濃厚なうまみがあるため)

ルーを溶かす。

 

煮込んでいる間に、

ナスの皮をむき、さいの目に切る。

 

フライパンにごま油を入れて、

切ったナスを炒め、しょうゆで下味をつける。

 

煮込んでいたカレーの中に、

炒めたナスを入れる。

これで和風カレーソースの完成。

 

そして、ご飯はスティックタイプの麦を入れて

炊き込んだ麦ごはんで。

 

小さく切った柿にごま油を加えて混ぜ、

さらにオーブントースターで軽く焼きます。

この時に、細切りにした長ネギも一緒に焼きます。

 

ご飯を器によそい、

カレールーをかけて、

柿と長ネギを添えていただきます。

 

 

柿の甘味がカレーの甘い香辛料と

マッチし、まろやかにしてくれます。

つまり、チャツネと同じような感じですね。

 

カレールーは

バーモントカレーの中辛 でした。

 

スポンサーリンク

 

中華のプロが作るカレーライス
野菜とひき肉の中華風あんかけカレーのレシピ

 

材料(4人分)

 

豚ひき肉・・・400g
しょうが・・・4片

ニンニク・・・4個

 

大根・・・2/3本

セロリ・・・1本

豆板醤・・・大さじ2

鶏がらスープ・・・500ml

 

ディナーカレー 辛口・・・32g

ケチャップ・・・小さじ2

 

しょうゆ、砂糖、

コショウ、酢・・・各適量

 

 

作り方

 

油をひかずにフライパンで豚ひき肉を炒める。

ひき肉から脂が出るため、肉の脂と

うま味を充分に引き出す。

 

みじん切りしたショウガ大さじ1と、

みじん切りにしたニンニク大さじ1/2をいれ、

さらに炒めていく。

 

角切りにした大根、小さく切ったセロリも入れて

炒め、豆板醤を加えて炒め合わせる。

 

顆粒の鶏がらスープの素を溶いた湯を入れて

煮込む。

 

カレールーを通常の量の1/3量を、

早く溶かすためにおろし金ですり下ろしながら入れる。

 

ルーが溶けたら、ケチャップを入れてコクをだし、

最後に、

しょうゆ、砂糖、コショウ、酢、角切りにしたトマト

を加えて、さらに水溶き片栗粉でトロミをつける。

中華あん風のカレーになる。

 

ごはんは、チャーハンにする。

卵を炒めてご飯を入れて炒め合わせた後に、

カレールーを少量すりおろしながら入れ、

ほんのりとカレー風味をつける。

 

そのあとで、細かく切った、

人参、ピーマン、タマネギを入れて

軽く炒める。

 

皿に盛り、カレーソースをかけていただく。

 

使用していたカレールーは、

ハウスディナーカレーの辛口でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す