NHKきょうの料理 さしす梅干し 横山タカ子先生の信州発レシピ 失敗なしで簡単な漬け方

 

2016年5月30日(月)放送の

NHKきょうの料理は、

初夏の漬物特集の1日目。

今日は漬物の名人横山タカ子先生が、

「信州発 さしす梅干し」

教えてくれました。

 

通常の梅ぼしとは少し違い、

さ(砂糖)し(塩)す(酢)

漬けてから干します。

塩分は控えめですが、お酢の効果でカビにくく、

傷みにくい、失敗の少ない梅干しです。

ほんのりと甘い梅漬けは、

おかずとしてもお茶請けにも喜ばれる味。

 

スポンサーリンク

さしす梅干しは、

最初から砂糖、塩、酢を合わせて漬け込みます。

あらかじめ塩だけでつける、ということは

必要ありません。

そして、土用(7月半ば~8月)までそのままで、

梅雨が明けたごろに三日三晩干しあげます。

 

塩分量10%の減塩梅干しですので、

塩分量を控えたい方、

また、今年は違った味でつけてみたい方に

ぜひおすすめです。

 

作って楽しむ信州の保存食 [ 横山タカ子 ]

価格:1,836円
(2016/5/30 16:28時点)
感想(0件)

信州発 さしす梅干し

 

材料(作りやすい分量)

 

完熟梅・・・1㎏

ざらめ糖か氷砂糖・・・300g

粗塩・・・100g

酢・・・カップ4

 

梅をつけるときに用意するもの

竹串

布巾

ガラス、ホーローなどの保存容器

 

■容器は酸に強いものを用意する。

■使う前にお酢で湿らせた清潔な布巾で内側を拭く。

 

梅を干すときに用意するもの

保存容器

土用干し用のざる

 

野田琺瑯 ホワイトシリーズ ラウンドストッカー 24cm WRS-41(1コ入)【ホワイトシリーズ(White Series)】[キッチン用品]【送料無料】

価格:5,848円
(2016/5/30 16:28時点)
感想(1件)

作り方

 

さしすに漬ける

完熟梅は水でやさしく洗い。

竹串で梅に傷がつかないように注意しながら、

なり口を取る。

 

傷んでいる部分があればナイフで切って除く。

 

清潔な布巾で水けを除き、保存容器に入れる。

 

ざらめ糖、粗塩を加えて、

そのあとで酢を回しかける。

 

フタをして、なるべく涼しく日の当たらない場所に

2週間以上おく。

 

[point_box3 color=”orange”]梅が浮き上がってしまうときには、

皿などで落し蓋のように重しをする。

それでも梅が完全に浸らなければ、

塩、砂糖、酢を1:3:8の割合で混ぜたものを

適宜加える。

梅が漬け汁から出ないように注意する。[/point_box3]

 

土用干し

清潔なスプーンや箸で梅を取り出し、

ボウルの上に置いたざるにのせて汁気をきる。

さしすは瓶などで保存する。

 

間隔をあけてざるに並べ、

屋外の日当たりの良い場所で三日三晩干す。

夜もそのまま夜露に当てて、

2日目の朝と3日目の朝にそれぞれ1回、

梅の上下を返す。

 

干し上がった梅は清潔な保存容器に入れて

保存する。

すぐにでも食べられるが時間がたつほど

まろやかな味になる。

 

[point_box3 color=”orange”]雨にあたってしまったら

梅をつけていたさしすをボウルに入れて、

その中で梅をふり洗いする。

再びざるに並べて、

晴れてから3日間干しなおす。[/point_box3]

 

干した後は必要がなくなる「さしす」は、

別の容器に保存しておき、

酢の物などの料理に入れるなど、

合わせ酢として利用しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す