NHKきょうの料理 坂田阿希子のレモンから揚げ 青豆ピラフおむすび キャロットラペのお弁当レシピ

 

NHKきょうの料理、

2016年5月16日、17日放送は、

月に一回のお弁当の企画。

 

今日は坂田阿希子先生が、

屋外で食べるのにもピッタリの

「レモンから揚げと青豆おむすび弁当」

を紹介してくれました。

 

とてもいろどりがよくにぎやかで、

ワンランクアップするお弁当は、

ご飯やおかずに香りを効かせて、

行楽や、屋外で食べるのにもピッタリです。

 

スポンサーリンク

「レモンから揚げ」

牛乳とレモン汁に鶏肉を漬けこむのが特徴。

この作業は臭みを消して柔らかくする効果も。

お弁当箱をあけた途端にフワッと爽やかな香りがし、

ウキウキしてきます。

下ごしらえは前日に済ませて、

朝は揚げるだけにするといいですね。

 

「青豆ピラフおむすび」

今が旬のグリンピース、えんどう豆ごはんに、

最後にバターを混ぜ込みます。

この季節だけの洋風炊き込みごはんのおむすびです。

 

「キャロットラペ」

つけ合わせはにんじんで彩りよく。

春の人参は柔らかく甘みも香りも抜群。

マスタードと酸味を効かせてマリネにします。

日持ちするので多めに作っておくと、

とても便利です。

生野菜はお弁当に入れると傷みやすいですが、

酢を効かせることで安心です。

 

カレーが食べたくなったら [ 坂田阿希子 ]

価格:1,620円
(2016/5/16 19:27時点)
感想(0件)

レモンから揚げ

 

材料(1人分)

 

鶏もも肉・・・1/2枚(約150g)

牛乳・・・カップ1/2

レモン汁・・・大さじ1

 

A

ニンニク(すりおろす)・・・小1/2かけ

パプリカパウダー・・・少々

黒コショウ・・・少々

塩・・・小さじ1/2弱

 

溶き卵・・・1/2個分

レモンの皮・・・1/2個分

(国産・あれば・すりおろす)

 

サラダ菜・・・適量

レモン・・・適量

(国産・いちょう切り)

 

小麦粉、揚げ油

 

作り方

 

牛乳にレモン汁を加えて冷蔵庫に

30分程度おいて、Aを混ぜ合わせて

つけダレを作る。

 

鶏肉を3~4等分に切り、

バットに入れてつけダレをかけて

手でよくもみ込む。

出来れば一晩、時間がなければ1~2時間

漬けこむ。

 

汁気を切って溶き卵にくぐらせ、

あれば国産レモンの皮を加えた小麦粉を

全体にまぶす。

 

170℃に熱した揚げ油に入れて、

表面が固まってきたら何度か返しながら

3~4分間揚げる。

最後に強火にしてカラッと揚げ、

油を切った後、器に盛る。

好みでサラダ菜やレモンを添える。

 

スポンサーリンク

青豆ピラフおむすび

 

材料(作りやすい分量)

 

グリンピース・・・100g

(さやからはずしたもの)

米・・・360ml(2合)

 

塩、バター

 

作り方

 

米は洗ってザルに上げる。

水360mlに塩小さじ1を加えて混ぜておく。

 

炊飯器の内が真に洗ったコメを入れ、

塩を混ぜた水をそそぐ。

グリンピースを加えて普通に炊飯する。

 

炊き上がったらバター大さじ1を加えて

さっくりと混ぜる。

 

ご飯を150gほど取り分けて

好みの形のおむすびを3個作る。
 

和食のごちそう [ 坂田阿希子 ]

価格:1,512円
(2016/5/16 19:31時点)
感想(0件)

キャロットラペ

 

前日に作っておくと味が染みておいしい。

冷蔵庫で3~4日は保存できるので、

多めに作っておくとよいですね。

 

材料(作りやすい分量)

 

にんじん・・・2本(300g)

 

A

フレンチマスタード・・・小さじ2

塩・・・小さじ1/2弱

砂糖・・・1つまみ

コショウ・・・少々

赤ワインビネガー・・・小さじ2

 

塩、オリーブ油

 

作り方

 

にんじんは皮をむいて長めの斜め薄切りにして、

さらに端からせん切りにする。

塩少々をふってしばらく置く。

 

ボウルにAを混ぜ合わせ、

オリーブ油大さじ4を少しずつ加え、

そのつどよく混ぜる。

 

塩をふっておいたにんじんの水気を軽く絞り、

ドレッシングに加えてあえる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す