ノンストップ 新ゴボウのふっくらお好み焼き 坂本昌行のレシピははんぺんを入れる!? 5月6日

 

フジテレビノンストップの金曜日、

NONSTOP!ESSEエッセのコーナーでは

V6の坂本昌行さんがおいしい料理を

教えてくれます。

 

今日、2016年5月6日(金)、OneDishのレシピは

「新ゴボウのふっくらお好み焼き」

 

お好み焼きの生地にやわらかい新ゴボウを入れ、

さらに、はんぺんを入れることでコクと

魚介の旨みをアップします。

 

お好み焼きにはんぺん??

と不思議に思いますが、

これがなかなかいい仕事をしてくれます。

 

スポンサーリンク

 

ゴボウとはんぺんの美味しさを活かすため、

ソースではなくだししょうゆであっさりと。

 

ゴボウに歯ごたえがあるので、

いつものお好み焼きよりも満腹感がアップしますよ。

 

 

新ゴボウのふっくらお好み焼き

 

材料(2人分)

 

新ゴボウ・・・1本(120g)

薄力粉・・・大さじ4

だし汁・・・1/2カップ

卵・・・1個

山芋・・・60g

はんぺん・・・1枚(150g)

 

A

キャベツ・・・大1枚(60g)

万能ねぎ・・・5~6本

 

サラダ油・・・適量

豚バラ薄切り肉・・・4枚

 

B

だし汁・・・大さじ2

しょうゆ・・・大さじ2

 

かつお節・・・適量

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

材料の準備をする。

新ゴボウはささがきにし、

山芋は皮をむいてすりおろしておく。

 

キャベツは粗いみじん切りにする。

万能ねぎは2㎝程の長さに切り、

豚バラ肉は4等分にする。

 

ボウルに薄力粉を入れてだし汁を加えて混ぜ、

卵、山芋を順に入れてさらに混ぜ合わせる。

 

そこにはんぺんをちぎりながら入れ、

ホイッパーではんぺんをつぶしながら

全体に行きわたるように混ぜる。

 

[finger2 color=”orange”]はんぺんは大きくちぎっても大丈夫。

生地がふんわりとして魚介の旨みも加わる[/finger2]

 

さらに、ごぼうとAを加えてさっくりと混ぜる。

 

ホットプレートを180℃に熱してサラダ油をひき、

豚肉を半量ずつ並べて、

お好みの生地を半量ずつのせる。

 

[finger2 color=”orange”]豚肉を並べたあとで生地をのせることで、

豚肉はカリッと、中はふんわりと焼けます[/finger2]

 

丸くなるように形をととのえ、

温度を160℃に下げて5分~6分じっくりと焼く。

 

まわりが少しかたくなり、焼き目がついたら

裏返し、さらに5分ほど焼く。

 

両面こんがりと焼けたら、

混ぜ合わせたBをかけ、鰹節をのせる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す