得する人損する人 紅虎餃子房の鉄鍋棒餃子をサイゲン大介が再現 サイゲン流甜麺醤のレシピも 4月7日

 

2016年4月7日(木)放送の

あのニュースで得する人損する人。

 

今日は超有名餃子店の餃子を、

サイゲン大介が再現しました。

少し調味料等が複雑で手間がかかりますが、

「紅虎餃子房の鉄鍋棒餃子」の味と全く同じに

できあがります。

 

スポンサーリンク

 

坂上忍さんも大絶賛の味を

ぜひ家庭で再現してみてくださいね。

 

「サイゲン流甜麺醤」のレシピも

載せておきますので手作りしてみて下さい。

 

 

バタコやんの「食パンタコス」のレシピはこちら

 

 

鉄鍋棒餃子の再現レシピ

 

材料(15本分)

 

牛ひき肉・・・150g

豚ひき肉・・・50g

塩・・・ひとつまみ

※キャベツ・・・60g

※タマネギ・・・60g

 

しょうが(みじん切り)・・・5g

ニラ(みじん切り)・・・20g

※ザーサイ・・・20g

サイゲン流甜麺醤(下記参照)・・・8g

たまり醤油・・・15ml

黒糖・・・2.5g

酒・・・15ml

オイスターソース・・・4ml

練り中華だし・・・2g

コショウ・・・少々

ごま油・・・2.5ml

砂糖・・・2g

水・・・50ml(あんに使用)

かたくり粉・・・3g

※春雨・・・15g

 

餃子の皮(四角・12㎝×10㎝)・・・適量

 

餃子を焼くときの材料

サラダ油・・・大さじ1

ごま油・・・適量

水・・・50ml

 

 

※キャベツ
細かく切り塩1gを加えて水抜きしたものを60g使用

 

※タマネギ
みじん切りにしてサラダ油小さじ1/3と
水大さじ1を加えてあめ色になるまで炒めたものを60g使用

 

※ザーサイ

約20分水につけた後みじん切りにしたものを20g

 

※春雨

15~30分ほど水に戻した春雨(15g)を

1cm程度に切っておく。

春雨は「豆」が原料のものを選ぶ。

「じゃがいも」が原料のものは

水分を吸いすぎて溶けてしまうため使わないこと。

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

ボウルに牛ひき肉と豚ひき肉を入れて混ぜ、

塩ひとつまみを加えてさらに混ぜる。

 

そこにキャベツ、タマネギ、

しょうが、にら、ザーサイを加えて、

手でよくこねていく。

 

さらにサイゲン流甜麺醤、たまり醤油、黒糖、

酒、オイスターソース、練り中華だし、コショウ、

ごま油、砂糖を加えてさらにこねる。

 

最後に水、片栗粉を入れて、

手で握るようによく混ぜ、

春雨を入れて混ぜ合わせる。

 

春雨に肉汁を吸い込ませて

あんを落ち着かせるため、

冷蔵庫で30分寝かせる。

 

あんを15等分して四角い餃子の皮で包み、

棒餃子の形にして

両端を手で下にギュッと押さえて閉じる。

四角い餃子の皮がないときは大判の丸い皮でもOK。

 

フライパンにサラダ油を敷き、

棒餃子のとじ目を下にして入れ、

水を加えてフタをしたあとで中火にかけ、

約4分蒸し焼きにする。

 

フタを取り、残った水分を飛ばし、

最後にごま油を適量垂らしてカリッと仕上げて完成。

(焼くのは餃子の片面だけ)

 

 

サイゲン流甜麺醤

 

材料

 

赤みそ・・・50g

みりん・30ml

砂糖・・・15g

ごま油・・・3ml

酒・・・10ml

醤油・・・8ml

 

 

作り方

 

小さめのフライパンに材料をすべて入れ、

トロミが出るまで火にかける。

 

焦げ付きやすいため、弱火~中火で。

ヘラなどで混ぜながら熱する。

 

とても熱くなるため、

飛び散り等に注意して!

 

市販の甜麺醤があればそれを使って。

ないときにはぜひ作ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す