得する人 家事えもん流和風オニオングラタンスープといちごプリンのレシピと作り方を紹介 3月17日

 

2016年3月17日(木)の

あのニュースで得する人損する人では、

家事えもんがかけ算レシピを紹介。

 

「和風オニオングラタンスープ」は、

本来の作り方ならとてもとても手間と時間がかかるものを、

まさかのインスタントコーヒーを使うことで、

レンジで簡単に作り上げます。

 

新タマネギの水分とインスタントコーヒーが合わさり、

うま味とコクが倍増して深い味わいのスープに。

 

また、「新食感イチゴのとろける牛乳プリン」は、

いちごとかたくり粉、練乳で

とろけるいちごプリンを紹介。

ゼラチンではなく、片栗粉でつくるプリンは、

フルーチェのような食感で、

簡単に作ることができます。

 

スポンサーリンク

 

どちらも、難しい工程は一切ナシ!

忙しいお母さんにオススメの時短レシピです。

 

家事えもんのふっくらジューシーハンバーグレシピはこちら

 

バタコやんの30分でつくるカレーパンのレシピはこちら

 

 

和風オニオングラタンスープ

 

材料(1個分)

 

新タマネギ・・・1個

とろけるチーズ・・・2枚

ベーコン・・・1枚

 

パルメザンチーズ・・・適量

パセリ・・・少々

粉末和風だし・・・小さじ1/2

白だし・・・大さじ1/2

 

インスタントコーヒー・・・小さじ1/3

お湯・・・50ml

 

 

作り方

 

新タマネギの皮をむき、

根元を下にしてまな板に置き、

タマネギの上下に割り箸をおいて、

下まで貫通しないように

縦に8等分に切り込みを入れる。

 

つまり、根元の部分でつながったまま、

タマネギが花が咲いたようになる。

 

ベーコンを1~2㎝程の幅に切り、

切ったタマネギの全体に挟み込んでいく。

 

とろけるチーズ1枚も、

小さく切った後同じようにはさむ。

 

具をはさんだ玉ねぎを

耐熱のスープ皿に入れる。

 

小さめのボウルに、

お湯、粉末和風だし、白だしを入れて混ぜる。

さらに、あめ色に炒めたたまねぎのような

コクを出すために、

インスタントコーヒーを入れて混ぜる。

 

スープ皿に入れたタマネギに合わせたスープを注ぎ、

軽くラップをして600wのレンジで3分半加熱後、

一度取り出して、もう1枚のとろけるチーズをのせ、

あと1分加熱する。

 

仕上げにパルメザンチーズ、パセリを散らす。

 

家事えもん流和風オニオングラタンスープの完成です!

 

スポンサーリンク

 

いちごのとろける牛乳プリン

 

材料(2個分)

 

プリン

いちご・・・3個

牛乳・・・300ml

練乳・・・大さじ2

かたくり粉・・・大さじ2

 

ソース

いちご・・・5個

砂糖・・・大さじ2

 

 

作り方

 

いちごソースを作る。

いちご2個のヘタを取り、小さめの耐熱ボウルに入れて

フォークの背などでつぶす。

砂糖を加えて電子レンジで3分温める。

 

プリン用のイチゴもヘタを取って

薄めのスライス切りにする。

余った部分は上にのせるためざく切りにする。

いろんな形に切った方が食感が良い。

 

スライス切りにしたいちごを、

プリンを入れるグラスの側面に貼りつけておく。

 

小鍋にかたくり粉を入れ、牛乳を加える。

牛乳を少し入れてかたくり粉を溶かし、

溶けたのを確認してまた少量の牛乳を入れる、

を繰り返してかたくり粉を溶かす。

 

さらに練乳も入れて溶かす。

 

この後で弱火にかけ、

とろみがつくまで混ぜていく。

 

とろみがついたら火を止めて冷まし、

冷めたらいちごを貼りつけたグラスに入れる。

 

約15分間冷蔵庫で冷やし、

取り出して、いちごソースをかけ、

その上にざく切りにしたいちごをのせる。

 

翌日は固くなるため、早く食べるように注意。

いちごの他にも、キウイ、マンゴー、ラズベリー、

ブルーベリー、オレンジ、リンゴ等、

色々なフルーツで同じようにできるのでお試しを。

 

スポンサーリンク

コメントを残す