家事えもんかけ算レシピ ふっくらジューシーハンバーグを高野豆腐と氷で作る裏ワザ 3月17日

 

2016年3月17日(木)の

あのニュースで得する人損する人で、

家事えもんのかけ算レシピ、

高野豆腐と氷で「ふっくらジューシーハンバーグ」

作る裏ワザを紹介しました。

 

パン粉の代わりに高野豆腐を使います。

パン粉よりも低カロリーで、

高野豆腐が肉汁をより吸いこんでくれます。

 

スポンサーリンク

 

また、コンソメ氷を包み込んで焼くことにより、

肉汁がジュワーっと飛び出す、

フワフワなハンバーグになりますよ。

 

家事えもんの和風オニオングラタンスープといちごプリンのレシピ

 

バタコやんの30分でカレーパンのレシピ

 

 

家事えもん流 ジューシふわふわハンバーグ

 

材料(2個分)

 

牛豚合いびき肉・・・200g

新タマネギ・・・1/2個

高野豆腐・・・8g

 

卵・・・1個

塩・・・少々

粗びきコショウ・・・少々

ナツメグ・・・少々

サラダ油・・・大さじ1

 

お湯・・・150ml

粉末コンソメ・・・小さじ1/4

 

和風きのこソース

新タマネギ・・・1/2個

なめたけ佃煮(市販の加工品)・・・大さじ2

ポン酢・・・大さじ3

 

 

作り方

 

ハンバーグを作る半日ほど前に、

お湯と粉末コンソメを合わせて、

製氷器でコンソメ氷を作る。

 

製氷機の高さの半分ほどまで入れて、

通常の半分の大きさのコンソメ氷が

8個以上できるように入れ、

冷凍庫で凍らせておく。

 

みじん切りのタマネギ、なめたけ、

ポン酢を合わせてソースを作っておく。

 

スポンサーリンク

 

ここから、ハンバーグ作り。

 

新タマネギをみじん切りにし、

レンジで加熱しておく。

フライパンで炒めるよりもレンジにかける方が、

新タマネギの場合は、より甘味が出る。

 

高野豆腐をすりおろしておく。

パン粉の代わりに高野豆腐を使います。

 

ボウルに加熱したタマネギ、高野豆腐、

卵、ナツメグ、塩、粗びきコショウを入れて

混ぜ合わせ、

そのあとでひき肉を入れる。

 

このあと手で混ぜたいところだが、

手で混ぜると体温で肉の脂が溶けてしまうため、

スプーンを使って全体をしっかりと混ぜる。

 

タネを2等分して、丸めてから広げ、

1つのタネにコンソメ氷を4個包む。

 

大きな氷を2つにすると、

ハンバーグの中の空洞が大きくなってしまうため、

半分の大きさのものを4個包むようにする。

この氷が焼いている間に溶けて、

肉汁がジュワーっと出るハンバーグになる秘密。

 

フライパンで焼いていくが、

焼くときにフライパンのへりにタネを置き、

L字に火が通るように、

側面も同時に焼いていく。

 

焼き色がついたら裏返し、同様に焼く。

 

両面に焼き色がついたら、

少量のお湯を入れてフタをして蒸し焼きにする。

 

フタをした後は弱火にして8分、

さらに火を止めてから4分余熱で蒸し焼きにする。

 

皿に盛り、和風きのこソースをかけていただく。

 

箸を入れると肉汁がジュワーっと飛び出す、

ふわふわのハンバーグのできあがりです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す