得する人損する人 ベーグルをコンビニのおかゆを使って30分でつくるバタコやんのレシピ 3月3日

 

2016年3月3日(木)放送の

あのニュースで得する人損する人で、

ベーグルコンビニのおかゆを使って

たったの30分でつくる方法を紹介しました。

 

お笑い芸人バタコやん

(お笑い芸人 シンクロック 吉田結衣さん)

の方法なら、あの難しいベーグルを

作業はたったの12分、

焼き上げに18分とたったの30分で

作ることができます。

 

スポンサーリンク

 

つやつやモチモチに仕上げるコツや、

レトルトおかゆで発酵時間をギュッと短縮する方法など、

アッと驚くような作り方です。

 

通常のパン作りの工程よりも

ずっと簡単なため、

家庭でも気軽に作ることができますよ。

 

詳しい作り方をまとめました。

 

 

バタコやん スピードベーグル

 

材料(プレーン4個分)

 

強力粉・・・180g

おかゆ(レトルトでOK)・・・125g

 

砂糖・・・小さじ2

オリーブオイル・・・小さじ1

ドライイースト・・・2g

塩・・・ひとつまみ

ハチミツ・・・大さじ2

 

 

作り方

 

ステップ1 材料を混ぜる 5分

 

ボウルにおかゆ、砂糖、ドライイーストを入れ、

軽く混ぜたあと、

600wの電子レンジで30秒加熱する。

 

加熱することでイースト菌が活発に

働くようにする。

ただし、温めすぎるとイースト菌が死んでしまうため、

ひと肌ほどに温めるのがコツ。

 

イースト菌は糖分で活発に発酵するため、

おかゆの糖分、砂糖の糖分を利用します。

 

ステップ2 生地をこねる 3分

 

別のボウルに強力粉、塩を入れて、

そこにひと肌に温めたおかゆを入れ、

オリーブ油も加えて手でこねていきます。

 

最初はボウルの中で、

ひとまとまりになったら、

台の上に出し、伸ばしてたたんでを繰り返し、

台の上に打ち付けながら約3分間こねていきます。

 

外に引っ張って中に入れて。。。

のような感じで生地を伸ばしていくことが大事です。

このコネでモチモチ感が出てきます。

 

さらに、こねている間に、

イーストの発酵がすすんでいるため、

後で発酵する時間を取らなくてもOKです。

 

スポンサーリンク

 

ステップ3 パンの形にする 3分

 

生地がこねあがったら、

スケッパーや包丁で4等分にし、

それぞれを円錐状に成型します。

 

この後、めん棒やめん棒の代わりにラップを使って、

ナンの形に伸ばしていきます。

 

一度広げて均等の厚さにしてから巻くことで、

火が均等にとおるようになります。

 

ナンのような形に伸ばした生地を、

くるくると三つ折りにしていきます。

長い方を巻いていくので、

細長い形になります。

 

そのあと、巻いた生地をリング状にし、

細い方を大きい方の口に入れ込み、

最後はおにぎりを作る要領で

とじ目をしっかりと成形していきます。

 

ステップ4 生地をゆでる 1分

 

ベーグルは焼く前に生地をゆでるのが特徴。

この作業で外側だけ固まり、

内側はモッチリと仕上がります。

 

お湯にはちみつ大さじ2を入れて、

ベーグルを30秒間ゆでていきます。

 

はちみつを入れるのは、

焼きあがってからツヤを出すため、

ゆでる時間は長いとシワシワになってしまうので、

30秒を厳守してください。

 

茹であがったら素早く取り出します。

 

ステップ5 オーブンで焼く 18分

 

あらかじめ200℃に予熱しておき、

ゆであがったベーグルを素早くオーブンに入れます。

 

ここで、時間がたってしまうと、

ゆでた時のお湯がベーグルの中に浸み込んでしまうため、

素早くオーブンに入れましょう。

 

後は18分焼けばモチモチベーグルの完成です。

 

ブルーベリーやチョコレートチップを生地に練り込んだり、

きんぴらごぼうや明太子マヨネーズを巻きこむと、

バラエティーに富んだおいしいべーグルになりますよ。

 

ただし、発酵時間を短縮しているため、

焼き上がりすぐはモチモチでおいしいのですが、

時間がたつと固くなってしまいます。

その時には小さく切ってフレンチトーストに

アレンジするなどして召し上がってくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す