得する人損する人 リンガーハットのちゃんぽんの再現レシピと作り方を公開 サイゲン大介 3月3日

2016年3月3日(木)放送の

あのニュースで得する人損する人で、

長崎ちゃんぽんリンガーハット

「ちゃんぽん」をマネした再現レシピを紹介しました。

 

スポンサーリンク

 

おなじみサイゲン大介こと、

お笑いコンビうしろシティの阿諏訪泰義(あすわたいぎ)さんが

家庭にある材料で作れるとんこつスープを再現し、

野菜の甘みやとんこつのコク、

魚介のうま味をリンガーハットの味そっくりに

たったの15分で作り上げました。

再現にかかる値段は、

1人前たったの280円です。

 

詳しい作り方、レシピを紹介します。

 

 

リンガーハットちゃんぽん

 

材料

スープ

水・・・500ml

牛乳(成分無調整)・・・50ml

中華だし(練タイプ)・・・ 小さじ1

醤油・・・大さじ2

白コショウ・・・少々

砂糖・・・小さじ1

干し貝柱のだし(顆粒)・・・大さじ1

塩・・・ひとつまみ

うま味調味料・・・小さじ3/4

 

つけ麺用太麺・・・1玉

 

玉ねぎ・・・80g

さつま揚げ・・・40g

かまぼこ・・・20g

枝豆・・・15粒

コーン・・・15g

キャベツ・・・60g

にんじん・・・20g

もやし・・・80g

長ネギ・・・20g

豚バラ肉(2cm幅にカットする)・・・40g

小エビ・・・30g

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

鍋にスープの材料をすべて入れ、火にかける。

 

一度沸騰し、中華だしなどが溶けたら、

適当な大きさに切った具材の

枝豆とコーン以外をすべて入れて5分ほど煮込む。

 

煮込んでいる間に別の鍋で麺を約5分間ゆで、

茹であがったらザルにあけて、

一度流水でぬめりを落としてからどんぶりに盛る。

 

煮込んでいた具材とスープを一緒に、

麺の上からかけて、

最後にコーンと枝豆を入れて完成。

 

 

中華だしは練りタイプのものの方が、

動物性脂肪が多く含まれているため、

複雑なうまみが出ます。

干し貝柱のだしで魚介のうま味をプラスし、

成分無調整の牛乳の乳脂肪分でクリーミーさが出て、

とんこつスープのような味になります。

 

リンガーハットのちゃんぽんは「甘さ」があり、

これをスープと一緒に野菜を煮込むことで

甘さとコクをアップします。

 

いつもいつもサイゲン大介のレシピには驚かされますが、

今回もビックリですね~。

 

スポンサーリンク

コメントを残す