家事えもんのかけ算レシピ 小松菜ずしをたくあんできれいに簡単に作る! 得する人損する人 1月21日

 

2016年1月21日(木)放送の

あのニュースで得する人損する人では、

家事えもんが小松菜とたくあんで作る

かけ算レシピを紹介しました。

 

スポンサーリンク

 

彩りもきれいで、ちょこんとかわいい、

子どもも大好きな小松菜寿司は、

たった200円でできあがります。

 

詳しい作りかたはこちらです。

 

 

小松菜ずし

 

材料(10個分)

 

コマツナ・・・10枚分(約3株)

白ごま・・・大さじ1

紅ショウガ・・・5g

たくあん・・・5g(スライスで2枚ほど)

 

すし酢

酢・・・大さじ1.5

砂糖・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/2

 

ご飯・・・1合分(約300g)

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

コマツナを塩を入れたお湯でゆでる。

 

小松菜の葉の部分を持ち、

茎の部分を30秒間先に湯につけ茹でる。
30秒たったら葉の部分も湯の中に入れる。

 

茹であがったら冷水に取ったあと

ザルに上げてキッチンペーパーで

水けをふいておく。

 

小松菜の真ん中で切って葉と茎の部分に分け、

葉の部分はおいておき、

茎は小口切りにする。

 

たくあん、紅ショウガは

それぞれみじん切りにする。

 

ご飯にすし酢を混ぜて酢飯を作り、

小松菜の茎の部分、たくあん、

紅ショウガ、塩をゴマを入れて

さらに、酢飯を切るように混ぜ合わせる。

 

小さめのおにぎりのような形に握り、

小松菜の葉でつつんで完成。

手まり寿司のような感じに。

 

包んだ小松菜寿司の上にちょこんと

紅ショウガやたくあんをのせるときれいです。

 

 

子どもと一緒に作ると楽しく作れますね。

運動会などの行事のお弁当に入れても

とてもきれいです♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す