得する人損する人 ピザをぬるま湯と魚グリルを使って15分で作るバタコやんのレシピ 1月14日

 

2016年1月14日(木)放送の、

あのニュースで得する人損する人では、

本格パリパリピザをたったの15分で作ってしまうという

裏ワザを紹介しました。

 

家でピザを作るのはとても大変ですよね。

ピザ生地を発酵する時間がかかるうえ、

オーブンで焼いてもパリッとはなかなかできません。

 

 

スポンサーリンク

 

おうちでのピザはこんなものか、、と

あきらめている方も多いと思います。

 

お笑い芸人シンクロックのバタコやんの方法では、

たったの15分で作り上げてしまいます。

しかも、ピザ窯で焼いたものに近い仕上がりです。

今日からはおうちでも

パリパリ本格ピザを焼くことができますよ。

 

 

おうちで本格パリパリピザ

 

材料(1枚分)

 

ピザ生地

強力粉・・・75g

ぬるま湯(30℃)・・・40㏄

塩・・・ひとつまみ

砂糖・・・5g

オリーブオイル・・・5g

ドライイースト・1.5g

 

トッピング

トマトケチャップ

とろけるチーズ

さけるチーズ

プロセスチーズ

カマンベールチーズ

キャンディーチーズ

ハム

オリーブオイルなど・・・

 

スポンサーリンク

 

作り方

 

30℃のぬるま湯は、

50㏄の水を600wのレンジで10秒

加熱して作る。

 

ボウルにピザ生地のすべての材料を入れて、

ぬるま湯を入れる。

ぬるま湯は一度にではなく少しづつ入れていく。

 

ぬるま湯を使うことで、

生地をこねている最中から発酵が始まり、

生地を発酵させる時間がいらなくなる。

イースト菌は発酵が始まると温度が上がってくるため、

最初に入れるぬるま湯は30℃が最適。

 

最初は手にくっつくが次第にまとまって

くっつかなくなる。

ひとまとまりになったらのばして折り曲げて

2分間ほどこねる。

 

生地ができたらクッキングシートの上でのばす。

手のひらを使って伸ばしていく。

耳の部分は少し厚めにするとよい。

 

生地が広がったら、

生地全体にフォークで穴をあける。

焼いた時に生地が膨らまないようにするため。

 

アルミホイルを適当な長さに切り、

一度クシャクシャと丸めてからもう一度広げる。

 

これは、ホイルにピザ生地がくっつかないようにするため。

一度丸めるとホイルの表面に凹凸ができるため、

空気の対流もよくなり、生地もきれいにはがれる。

 

ホイルの上に生地を移動し、

トマトケチャップを塗り、

その上に数種類のチーズ、

ハムをまんべんなくトッピングする。

さけるチーズは食感が残るため、

入れた方がいいです。

 

数種類のチーズを入れることで、

味に奥行きが生まれます。

ケチャップは、

トマトソースがあればそちらを使用しても。

 

さらに、生地の耳の部分にオリーブオイルを塗り、

トッピングの上からも少量のオリーブオイルをかけて、

所々に焦げ目がつくようにする。

 

ホイルごと移動し、魚グリルで焼く。

 

 

焼く時間はグリルによって違うため、

下記を参照してください。↓↓

 

ガス(両面)約400℃・・・6分目安

ガス(片面)約370℃・・・3分予熱後7分目安

電気式(両面)約280℃・・・8分目安

 

 

魚焼きグリルを使う理由

 

ピザ窯は500℃に対して、

家庭でのオーブンやオーブントースターは250℃、

魚焼きグリルは280~400℃です。

 

魚焼きグリルが一番ピザ窯に温度が近いためです。

 

また、魚焼きグリルは、

対流熱と直接加熱の両方で焼き上げるために、

パリッとモッチリと焼くことができます。

 

 

魚焼きグリルでピザが臭くならない?

 

ピザ(パン生地)は蒸気を出しながら焼けていきます。

そのため、外の蒸気やにおいを吸入することがないため、

魚臭くならないのです。

 

しかし、ピザが焼けたあとすぐに取り出さずに、

魚グリルに入れたままにしておくと、

冷めていく際に外部のにおいを吸収してしまうため、

臭いがついてしまいます。

焼けたらすぐに出してくださいね。

 

魚を焼いたすぐ後の魚グリルでも、

臭くならないそうですよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す