おかずのクッキング 小豆つくね青じそとねぎの香り 小豆と豚バラの炊き込みご飯 鈴木薫先生のレシピ 6月第2週

 

2017年6月第2週の

テレビ朝日 おかずのクッキング。

 

企画コーナーでは鈴木薫先生

「小豆つくね青じそとねぎの香り」

「小豆と豚バラの炊き込みご飯 ねぎとみょうがの香り」

を教えてくれました。

 

同日放送の土井善晴先生のレシピ「自家製フレッシュトマトソース」「にんにくご飯(ターメリック風味)」「鶏もも肉のカリカリ焼き」はこちら

 

鈴木薫先生の小豆を使ったレシピは、

目からうろこ。

今まで聞いたことのない料理方法で小豆をいただきます。




「小豆つくね 青じそとねぎの香り」

鶏つくねに小豆を混ぜ込んで、

青じそやねぎの香りも楽しみます。

小豆の食感がクセになる鶏つくねは、

香味野菜の香りと一緒に甘辛だれでいただきます。

 

「小豆と豚バラの炊き込みご飯 ねぎとみょうがの香り」

赤飯ではなく、炊き込みご飯に小豆を使います。

そして合わせる炊き込みご飯の具材が「豚バラ肉」。

少しおこわのような、あずきの食感も楽しみつつ、

ねぎとみょうがの香りもさわやかに感じる一品です。

 

小豆つくね 青じそとねぎの香り

材料(2人分)

小豆(乾物)・・・30g

 

A

  • 鶏ひき肉・・・150g
  • 長ネギのみじん切り・・・10㎝分
  • しょうがのすりおろし・・・小さじ1
  • 卵白・・・1個分
  • 塩・・・小さじ1/2
  • かたくり粉・・・大さじ1

 

酒・・・大さじ1

砂糖、しょうゆ・・・各大さじ1/2

サラダ油・・・大さじ1/2

 

B

  • 卵黄・・・1個分
  • 青じそのせん切り・・・4枚分
  • 白髪ねぎ・・・適量

 

作り方

鍋に小豆、水150mlを入れて10分ほど浸す。

そのあとで中火にかけて沸騰後弱火に落とし、

20~30分ゆでる。

そのまま冷まし、粗熱が取れたらざるに上げる。

 

ボウルにゆでた小豆、Aを入れてよく混ぜ合わせる。

粘りが出たら6等分にしてそれぞれ楕円形にする。

 

フライパンにサラダ油を中火で熱し、

つくねを並べ入れる。

両面にこんがりと焼き色を付いたら

酒を加えてフタをする。

弱火で3分ほど蒸し焼きにし、

砂糖を加えてさっとからめる。

 

砂糖が溶けたら醤油を加えて煮からめる。

器に盛り、Bを添える。

 

甘辛だれは、まず砂糖を加えてから醤油を入れること。

先に醤油を入れると後から入れる砂糖の味が入らず、

しょっぱくなります。



小豆と豚バラの炊き込みご飯 ねぎとみょうがの香り

材料(2人分)

小豆(乾物)・・・50g

豚バラ薄切り肉・・・120g

塩・・・少々

米・・・2合

酒・・・大さじ1

しょうゆ・・・小さじ1

みょうが・・・3個

万能ねぎ・・・8本

 

作り方

みょうがは薄い小口切りに、

万能ねぎは斜め切りにする。

 

鍋に小豆、水150mlを入れて10分ほど浸す。

そのあと中火にかけて、沸騰後弱火にして

15分ほどゆでる。

そのまま冷まし、粗熱が取れたらざるに上げ、

ゆで汁は取っておく。

 

豚バラ肉は2㎝幅に切って塩を振る。

 

炊飯器に洗った米、小豆を入れて、

酒、しょうゆ、そのあとゆで汁を入れて2合の水加減にし、

サッと混ぜ合わせる。

 

豚バラ肉は最後に広げてのせて、

普通に炊飯する。

 

炊き上がったらみょうが、万能ねぎを加えて

全体をざっくりと混ぜる。



コメントを残す