白崎茶会の浅漬けの素を作ってみた

最近気になってしょうがない

白崎茶会のオーガニックレシピ

 

甘酒を使った「万能浅漬けの素」

とてもおいしそうだったので

早速作ってみました。

 

 

スポンサーリンク

 

万能浅漬けの素 白崎茶会

材料(作りやすい分量)

甘酒(濃縮タイプ)・・・大さじ6(90ml)

★ストレートタイプは大さじ12(180ml)

梅酢・・・大さじ4(60ml)

海塩・・・小さじ2

にんにく・・・2かけ

生姜・・・にんにくと同量

 

 

 

作り方

にんにく、しょうがは千切りかすりおろし、

他の材料と混ぜ合わせる。

冷蔵庫で1か月保存可能。

 

 

たったこれだけです。

超簡単でした(笑)。

 

白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ [ 白崎裕子 ]

 

私は濃縮の甘酒がなかったので、

ストレートタイプで作りました。

かなり、さらさらとしています。

濃縮タイプだともっとドロッとしますね。

 

お使いの梅酢の塩分によって、

塩の量を調節するとよいですね。

 

 

万能浅漬けの素での漬け方

キュウリなどをビニール袋に入れて、

出来上がった浅漬けの素を入れ、

空気を抜くようにビニールの口を結びます。

 

浅漬けの素の量は様子を見ながら、

ご自分の好みを見つけてくださいね。

 

私は短時間で漬けたかったので、

家にあった野菜を適当に切って容器に入れ、

上から浅漬けの素を回しかけました。

 

 

塩分で野菜から水気が出てきたら、

容器を少し振って全体になじませます。

さてさて、出来上がりはどうなるか。

 

にっぽんの麺と太陽のごはん なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシ [ 白崎裕子 ]

 

浅漬けの素で水キムチ

材料を切って容器に入れて、

浅漬けの素と、水、鷹の爪で

漬け込むと水キムチができます。

浅漬けの素と水を入れた後、

少し味見をして塩分を確かめて

浅漬けの素と水の量を調節するとよいです。

 

白崎茶会の浅漬けの素は超便利

こちらの浅漬けの素は、

入っているものが甘酒、梅酢などですので、

他の料理のコク出しにも使えます。

シチューやカレー、

ドレッシングにもいいですね。

魚のカルパッチョやマリネにも

おすすめです。

 

量を多く作って冷蔵庫に入れておけば

サッと使うことができ、

ちょいとお洒落なおかずが出来上がりそうです。

 

ただし、塩分が強いため、

何に入れる際にも様子を見ながら・・・

でお願いしますね。

 

 

コメントを残す