NHKきょうの料理 大原千鶴のゆずみそ ゆずのしょうが湯のレシピ 季節のやさしい手仕事

 

2016年12月15日(木)放送の

NHKきょうの料理。

 

今月の

大原千鶴の季節のやさしい手仕事

「ゆずみそ」

「ゆずのしょうが湯」です。

 

「ゆずみそ」は、

この季節に作り置きしておけば、

毎日のおかずにもとても重宝する保存調味料。

白みその奥深い味わいにゆずの皮が

さわやかに香ります。

ゆずみそを使って

「大根のゆずみそあえ」

「さわらのゆずみそ焼き」の作り方も

紹介してくれました。

 

スポンサーリンク


「ゆずのしょうが湯」は、

ゆずの果汁が寒さで甘くなったこの時季、

温かいドリンクにすると体の芯から温まります。

ゆずとしょうが、はちみつさえあれば

すぐにできるのもうれしいですね。

 

ゆずのしぼり汁で

「ゆずのくずひき」もぜひ。

かたくり粉でとろみがつく分、

より身も心もあたたまります。

 

今までの大原千鶴の季節のやさしい手仕事レシピはこちら

 

 

ゆずみそ

材料(作りやすい分量)

ゆずの皮・・・1個分

柚子のしぼり汁・・・小さじ2

 

A

白みそ・・・150g

砂糖・・・大さじ2

みりん・・・大さじ3

作り方

ゆずの皮をおろし金ですりおろす。

黄色い部分だけ少しずつおろす面を変えて

すりおろすといい。

 

おろした後の柚子は果汁を絞っておく。

 

鍋にAを入れて中火にかけて練り合わせ、

照りが出てくるまで混ぜ合わせる。

 

照りが出てきたら火を止めて、

おろした柚子の皮と分量のしぼり汁を加えて

よく混ぜる。

 

保存は清潔な容器に入れて、

冷蔵庫で2~3週間保存できる。

 

忙しい人でもすぐに作れる いつもの材料でおいしい和えもの [ 大原千鶴 ]

大根のゆずみそあえ

材料(作りやすい分量)

大根・・・150g

にんじん・・・10g

ゆずみそ・・・大さじ1

ゆず(好みで)・・・1個

 

作り方

大根は皮をむいて5㎝長さ、

5㎜幅の拍子木切りにし、

人参は皮をむいて細切りにする。

 

大根、ニンジンとも熱湯でサッとゆでて

ざるに上げて水けをきっておく。

 

鍋に大根とニンジンを入れて、

ゆずみそ、塩2つまみを加えて弱火にかける。

 

水気がなくなり、ゆずみそが再び

ねっとりとするまで混ぜながら絡める。

 

好みでゆず玉を上から1/3のところで切り、

皮を破らないようにスプーンできれいに

中身をくりぬき、ゆずみそあえを盛りつけると

美しく仕上がる。

 

スポンサーリンク


さわらのゆずみそ焼き

材料(2人分)

さわら(切り身)・・・2切れ

ゆずみそ・・・大さじ2

 

作り方

さわらは全体に薄く塩を振って

10分以上おく。

出てきた水分を紙タオルでふき取る。

 

魚焼きグリルに入れ、

中火で両面を焼く。

ゆずみそを皮側に塗り、

再び魚焼きグリルに入れて

中火で軽く焼き色を付ける。

 

大原千鶴のいつもの野菜で旬ごはん [ 大原千鶴 ]

ゆずのしょうが湯

材料(2杯分)

ゆずのしぼり汁・・・大さじ1

生姜(すりおろす)・・・小さじ1弱

はちみつ・・・大さじ3

作り方

ゆずは半分に切り、

絞り器で果汁を絞る。

 

ゆず1個で2~3杯分のしぼり汁ができる。

しぼり汁は保存せずにその都度絞る。

 

カップに材料を混ぜ合わせ、

湯カップ1と1/2を加えて混ぜ合わせる。

 

好みで薄いくし形切りにしたゆず(分量外)を

そえる。

 

ゆずのくずひき

材料(作りやすい分量)

A

ゆずのしぼり汁・・・大さじ1

かたくり粉・・・大さじ1

水・・・160ml

砂糖・・・大さじ2

 

ゆずの皮(千切り)・・・少々

作り方

鍋にAを混ぜて中火にかける。

とろみがついてくるので、

絶えず混ぜ合わせ、全体にとろみが

着いたら火を止めて器に盛る。

ゆずの皮をのせる。
 

スポンサーリンク


コメントを残す