NHKきょうの料理 京都菊乃井 村田吉弘のおでんレシピ 素材を生かす作り方を紹介

 

2016年12月14日(水)放送の

NHKきょうの料理。

 

今日は、

京料理人のかんたん!和食塾。

京都の日本料理店、

「菊乃井」三代目主人

村田吉弘さんが、

素材の味を生かした「おでん」

教えてくれました。

 

おでんをおいしく作るコツは、

 

 

スポンサーリンク


 

●味をしみやすくするために切り目を入れる

 

●味の付きにくいものから2段階に分けて煮込む

 

●煮込む時間は短く、冷ましながら味を含ませる

 

煮すぎることなく、

あっさりと仕上げることで

素材の味を活かしたおでんが

出来上がります。

 

家庭で作ってもなかなか

「本当においしい」おでんにはならない、

と思う方も多いと思います。

 

村田先生の方法なら、

きっと満足できる味に仕上がりますよ。

 

豆乳豚しゃぶ 肉みそ鍋 鍋のタレのレシピはこちら

 

 

 

素材を生かすおでん

材料(4人分)

大根・・・12㎝

ゆでたまご・・・4個

早煮昆布・・・40㎝

こんにゃく・・・1枚

ちくわ・・・3本

がんもどき・・・4個

ごぼう天・・・4本

 

鶏だんご

鶏ひき肉・・・150g

れんこん・・・40g

ねぎ・・・20g

しょうが・・・10g

卵黄・・・1個分

薄口しょうゆ・・・小さじ1

 

煮汁

だし・・・カップ9

みりん・・・120ml

しょうゆ・・・大さじ4

薄口しょうゆ・・・大さじ4

 

ごまだれ(作りやすい分量)

白練りごま・・・カップ1/2

みりん(煮切ったもの)・・・カップ1/2

しょうゆ・・・カップ1/4

七味唐辛子・・・適量

 

練りがらし・・・適量

細ネギ(小口切り)・・・適量

ゆずの皮(千切り)・・・適量

 

スポンサーリンク


作り方

大根は3㎝の厚さに切り、

厚めに皮をむいて

十文字に切り込みを入れる。

 

耐熱容器に入れて軽く水をかけて

ラップをし、

竹串がすっと通るくらいまで

600wの電子レンジに

8分30秒かける。

 

茹で卵は皮をむく。

 

昆布は水で戻して20㎝長さに切り、

さらに縦半分に切って結ぶ。

 

こんにゃくは両面にななめに

細かい切込みを入れて、

6等分の三角形に切る。

湯どおししておく。

 

ちくわは斜め3等分に切る。

 

次に鶏だんごを作る。

レンコンは3㎜角に切り、

ねぎ、しょうがはみじん切りにする。

 

ボウルに材料をすべて入れてよく混ぜ、

8等分にして丸める。

 

鍋に煮汁の材料を入れて火にかけ、

沸騰したら大根、こんにゃく、鶏だんごを

加える。

 

再び沸騰して中火で4~5分間煮たら

冷めるまでおいておく。

 

ゆでたまご、昆布、がんもどき、

ちくわ、ごぼう天を加え、

沸騰したら中火で4~5分間煮る。

 

そのまま冷まし、

食べる直前に温めなおす。

 

ゴマダレを作る。

白練りごまにみりん、しょうゆを

少しずつ加えて、

ダマにならないように混ぜ、

七味唐辛子を加える。

 

からし、細ネギ、ゆずの皮とともに

おでんに添える。

 

スポンサーリンク


コメントを残す