NHKきょうの料理 栗原はるみのスパイシーフライドチキン キャベツのパスタバーニャカウダソースレシピ 12月6日

 

2016年12月6日(火)、7日(水)放送の

NHKきょうの料理。

 

今週は栗原はるみ先生の特集です。

 

今日はその2日目、

「スパイシーフライドチキン」

「キャベツのパスタ

バーニャカウダソース」

の2品を教えてくれました。

 

スポンサーリンク


フライドチキンは比較的簡単に家庭でも作れるよう、

でも本格的な味になるように、

栗原先生らしい作り方で紹介します。

 

また、失敗が多いバーニャカウダソースは、

つぶしたニンニクやアンチョビで

とろみをつけるのではなく、

コーンスターチを使ってとろみをつけます。

このほうが失敗がなく、

家庭でも作りやすいとのこと。

 

これからクリスマス、お正月と、

人が集まることが多い時季に

とても活躍してくれそうなレシピですね。

 

12/5放送の「フライパンチャーシュー」  「ひき肉とチンゲンサイのチャーハン」はこちら

 

 

 

スパイシーフライドチキン

材料(作りやすい分量)

鶏骨付き肉(ぶつ切り)・・・800g

 

A

にんにく(すりおろす)・・・小さじ1

しょうが(すりおろす)・・・小さじ1

赤ワイン・・・大さじ2

醤油・・・大さじ2と1/2

洋風顆粒スープの素・・・小さじ1

塩・・・少々

あらびき黒コショウ・・・小さじ1

コリアンダー(粉末)・・・小さじ1/2

ナツメグ(粉末)・・・小さじ1/4

レッドペッパー(粉末)少々

 

レモン(厚めの輪切り)・・・適量

 

塩、片栗粉、揚げ油

 

作り方

鶏肉は全体に塩小さじ1をまぶして

10~15分間おき、

出てきた水分を紙タオルで

押さえるようにして拭く。

 

ジッパー付きの保存袋に

Aを混ぜ合わせ、

鶏肉を入れてよくもみ込み、

冷蔵庫に2~3時間以上おく。

 

寝かせておいた鶏肉をざるに上げ、

そのまま15分ほどおいて

汁気をよく切る。

ここでしっかりと汁気を切り、

肉の表面を少し乾かすと

衣がカリっと仕上がる。

 

ポリ袋にかたくり粉カップ1と

汁気を切った鶏肉を入れて、

口を閉じて袋ごと振り、

全体に衣をまぶす。

 

180℃に熱した揚げ油に

余分な粉をはたきながら

鶏肉を入れて約4分間揚げる。

 

いったん網に上げ、

そのまま4分間おいて余熱で火を通す。

 

油の温度を200℃に上げ、

さらに2分間揚げる。

 

油を切った後、

器に盛りつけレモンを添える。

 

スポンサーリンク


キャベツのパスタ バーニャカウダソース

材料(2人分)

バーニャカウダソース

アンチョビ(フィレ)・・・4~5枚(15~20枚)

コーンスターチ・・・小さじ1

水・・・小さじ1

オリーブ油・・・大さじ2

にんにく・・・小さじ1

(細かいみじん切りにする)

生クリーム・・・カップ1

塩・・・少々

あらびき黒コショウ・・・少々

 

キャベツ・・・4~5枚(300g)

スパゲティ・・・140g

パルメザンチーズ・・・適量

 

塩、オリーブ油、あらびき黒コショウ

 

作り方

バーニャカウダソースを作る。

アンチョビは適当に刻んでから、

包丁で細かくたたく。

 

コーンスターチと水は、

混ぜ合わせておく。

 

小鍋にオリーブ油を熱して

にんにくを炒め、

香りがたって来たら

アンチョビを加えて炒める。

 

生クリームを加え、

煮立ったら水溶きコーンスターチで

とろみをつけ、

塩、こしょうで軽く味を調える。

 

キャベツは大きめのざく切りにし、

鍋に湯を沸かして塩適量を加える。

スパゲッティを袋の表示通りにゆで、

湯をよく切る。

 

フライパンにオリーブ油大さじ2を

熱してキャベツを入れ、

少し焼き色がつくまで強火で炒め、

塩、黒こしょう各少々をふる。

 

バーニャカウダソース、スパゲティを

順に加えて全体に絡め、

塩、黒こしょう各少々で味を調える。

 

器に盛り、

パルメザンチーズをすりおろしてかけ、

黒コショウ適量を振る。

 

好みでトーストしてオリーブ油を

少しかけたフランスパンを添えても。

 

スポンサーリンク


コメントを残す