ノンストップエッセ 笠原将弘のブリのネギおろし添え ブリのカキ玉スープ おかず道場のレシピ12月6日

 

2016年12月6日(火)放送の

フジテレビ ノンストップ。

 

ノンストップエッセESSEの火曜日は

恵比寿の人気和食店「賛否両論」オーナーの

笠原将弘のおかず道場です。

 

今日は旬のぶりをカリッとステーキのように

焼き、特製のおろしだれでいただく

「ブリのネギおろし添え」

教えてくれました。

 

スポンサーリンク


ごま油で焼き上げることで、

ブリの独特な生臭さを抑えられ、

また、おろしだれには

すりごまやラー油を加えて、

風味とコクをプラスします。

 

こうすると濃厚なブリの味に負けない

パンチの効いたタレで味わうことができます。

 

また、残ったブリは、

サンラータン風のスープにアレンジを。

ブリの臭みが感じられない、

酸味と辛みが効いたスープになります。

 

 

ブリのネギおろし添え

材料(4人分)

ブリ(切り身)・・・4切れ

長ネギ・・・1/2本

大根・・・300g

カイワレ・・・1/3パック

シシトウ・・・4本

 

A

酢・・・大さじ4

白すりごま・・・大さじ2

醤油・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1

ラー油・・・小さじ1

 

塩、黒コショウ・・・各少し

薄力粉・・・適量

ごま油・・・大さじ1

 

作り方

長ネギはみじん切りに、

カイワレは根元を除いて

1㎝の長さに切る。

 

シシトウはヘタを除き

破裂しないように切り目を

1か所入れる。

 

大根はすりおろして

ボウルに重ねたざるにあけて、

手で押さえて水けをきる。

 

ボウルにシシトウ以外の野菜類と、

Aを入れて混ぜ合わせ、

ねぎおろしだれを作る。

 

ブリの両面に塩、こしょうをふり、

薄力粉をまぶす。

 

スポンサーリンク



フライパンにごま油を中火で熱し、

ブリの両面をカリッと焼いて火を通す。

 

途中でシシトウも入れて、

サッと焼いて先に取り出す。

 

ぶりを器に盛り付け、

シシトウとねぎおろしだれを添える。

 

 

ブリのかき玉スープ

材料(4人分)

焼いたブリ・・・2切れ

焼いたシシトウ・・・2本

ねぎおろしダレ・・・大さじ4

 

A

だし汁・・・3カップ

薄口しょうゆ(またはしょうゆ)・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

 

溶き卵・・・1個分

あらびき黒コショウ・・・少し

 

作り方

焼いたぶりを一口大に切る。

シシトウは小さく切る。

 

鍋にAを入れて中火で煮立たせ、

切ったブリとししとうを加えてさっと煮る。

 

さらにねぎおろしだれを加え、

溶き卵を回しいれてフワッと火を通す。

 

器に盛り、あらびき黒こしょうを振っていただく。

 

スポンサーリンク


コメントを残す