とうもろこしの岩石揚げ 笠原将弘のおかず道場 ノンストップのレシピ 8月23日

 

この時季にふさわしい

とうもろこしを使ったかき揚げを、

2016年8月23日の

フジテレビ ノンストップエッセ

笠原将弘のおかず道場で

紹介していました。

 

ゆでとうもろこしの次に、

おいしいと思う料理法です。

 

とうもろこしの皮やヒゲでだしを取った

風味豊かなあんと絶妙にからみ、

おかずにもおつまみにも最適です。

 

スポンサーリンク

おいしく作るコツは

とうもろこしに小麦粉を入れすぎないこと。

粉っぽくなり、小麦粉の味が勝ってしまうため、

最小限の小麦粉でまとめましょう。

 

また、たくさん作って残ってしまったら、

甘めの鶏そぼろあんをかけてどんぶりに。

翌日の豪華な昼食になりますよ。

 

詳しい作り方をまとめました。

 

とうもろこしの岩石揚げ もろこしあん

材料(4人分)

とうもろこし・・・2本

卵・・・2個

薄力粉・・・適量

 

【A】

水・・・3カップ

薄口しょうゆ・・・大さじ2

みりん・・・大さじ2

 

揚げ油・・・適量

 

【B】

かたくり粉・・・大さじ1

水・・・大さじ1

 

万能ねぎ・・・3本

あらびき黒コショウ・・・少し

 

作り方

卵は卵黄と卵白に分ける。

万能ねぎは小口切りにする。

 

とうもろこしは皮をむき、

包丁で身をそぎ取る。

 

スポンサーリンク

とうもろこしの芯をぶつ切りにし、

皮、ひげとともに鍋に入れる。

【A】を注いで中火にかけて

15分ほど煮てだしを取り濾す。

 

もろこしあんに使う

 

とうもろこしの粒をボウルに入れて

卵黄を加え、全体にからめる。

薄力粉を少しづつ加えて

手で丸められる固さになるように調整する。

 

粉の量はごく少なくして

粉っぽくならないようにする

 

手を水で濡らし、

とうもろこしダネを適量手に取り、

転がしながら一口大に丸める。

 

170℃に熱した油に入れ、

3分間ほど揚げる。

 

とうもろこしでとったダシを鍋に入れて

温め、【B】の水溶き片栗粉を加えて

とろみをつけ、

溶きほぐした卵白を流しいれて

あんを作る。

 

残りの卵白を利用して

ふわふわのあんにする

 

岩石揚げを器に盛り付け、

もろこしあんをかけて、

万能ねぎを散らして

あらびき黒コショウを散らす。

 

スポンサーリンク

コメントを残す