笠原将弘のおかず道場 鶏胸肉の塩南蛮漬け ノンストップレシピ グレープフルーツとセロリでさっぱりと 7月19日

 

2016年7月19日(火)放送の

フジテレビノンストップ。

 

毎週火曜日のノンストップエッセは

賛否両論「笠原将弘のおかず道場」です。

 

今日は「鶏むね肉の塩南蛮漬け」

教えてくれました。

グレープフルーツとセロリを使って、

涼しげな南蛮漬けにします。

 

スポンサーリンク

醤油を使わずに塩を使うことで

あっさり味に仕立て素材の味を引き立てます。

グレープフルーツの果汁で

パサつきやすい鶏むね肉がしっとりとした食感に。

 

また、南蛮漬けのアレンジで

「鶏南蛮の春雨サラダ」を。

しっかりと味がなじんだ翌日の南蛮漬けを、

春雨と一緒にマヨネーズであえてサラダにします。

酸味がまろやかになり、

子供も大喜びで食べますよ。

 

⇒ 今までの笠原将弘のおかず道場レシピはこちら

 

鶏胸肉の塩南蛮漬け

材料(4人分)

 

鶏むね肉・・・1枚(300g)

グレープフルーツ・・・1個

セロリ・・・80g

赤パプリカ・・・1/2個

 

A

だし汁・・・3カップ

酢・・・80㏄

砂糖・・・大さじ2

塩・・・大さじ1

 

塩・・・少し

薄力粉、揚げ油・・・各適量

あらびき黒コショウ・・・少し

 

作り方

 

グレープフルーツは皮をむいて

身を取り出す。

薄皮に残った果実の部分は

薄皮ごと絞って果汁を取っておく。

 

セロリは筋を除いて薄切りにし、

パプリカはヘタと種を除き、

横半分に切って細切りにする。

 

ボウルにグレープフルーツの果汁を

1/4カップとAを順に入れ、

混ぜ合わせて漬け汁を作り、

スライスしたセロリを加える。

 

鶏肉は皮を取り除いて

1㎝厚さのそぎ切りにする。

両面に軽く塩を振って下味をつけ、

薄力粉を薄くまぶす。

 

揚げ油を180℃に熱して鶏肉を入れ、

表面がかりっとするまで揚げる。

揚げたてをそのままボウルに作った漬け汁に漬け、

冷蔵庫で1時間ほど味をなじませる。

 

器に盛り付け、

グレープフルーツの身を散らし、

あらびき胡椒を振っていただく。

 

スポンサーリンク

鶏南蛮の春雨サラダ

材料(2人分)

 

鶏むね肉の南蛮漬け(具のみ)・・・上記の半量

乾燥春雨・・・40g

 

A

マヨネーズ・・・大さじ3

ねりからし・・・少し

万能ねぎ(小口切り)・・・少し

白いりごま・・・少し

あらびき黒コショウ・・・少し

 

作り方

 

鍋に湯を沸かして春雨を入れ、

3分ほどゆでる。

ゆであがったら冷水で締めてざるに上げ、

水けをきっておく。

 

ボウルに鶏むね肉の塩南蛮漬けと

春雨を入れて、Aを加えてあえる。

 

器に盛りつけ。万能ねぎといりごまを散らし、

あらびき胡椒をふる。
スポンサーリンク

コメントを残す