NHKきょうの料理 栗原はるみの肉だんごの甘酢あんと豆腐の酸辣湯レシピ 7月14日

 

2016年7月14日(木)放送の

NHKきょうの料理。

 

今日は月に一度の栗原はるみの定番ごはん、

「肉だんごの甘酢あん」

「豆腐の酸辣湯」

の紹介です。

 

中華料理ではおなじみの「肉だんごの甘酢あん」。

家庭で作るのは躊躇してしまいがち。

 

スポンサーリンク

しっかり味の甘酢あんで

外はかりっと、中はふんわりと作る方法を

教えてくれました。

 

また、付け合わせには

「豆腐のサンラータン」を。

酸っぱく、辛いスープは

夏の弱った体を元気にしてくれます。

また、コクのある甘酢あんの肉だんごに

さっぱりスープがよく合います。

 

なお、放送で使用されていた

栗原先生オリジナルのキッチン用品は

こちらから購入できます♪

⇒ 【公式】栗原はるみweb通販

 

 

⇒ 5、6月の栗原はるみさんのレシピはこちら♪

 

 

肉だんごの甘酢あん

材料(4人分/12~15個)

合いびき肉・・・400g

玉ねぎ・・・1/2個(100g)

卵・・・小1個

 

甘酢あん

トマトケチャップ・・・大さじ3~3と1/2

酢・・・大さじ3~3と1/2

砂糖・・・大さじ3

しょうゆ・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/4

水・・・カップ1

 

香菜(シャンツァイ)・・・適宜

 

塩、こしょう、小麦粉、

片栗粉、揚げ油、ごま油

 

【栗原はるみ/キッチン用品】 IH対応 木柄フライパン 28cm イエロー 【ギフト包装対応可】 05P09Jul16

【栗原はるみ/キッチン用品】 お弁当用フライパン16cm ブルー 【ギフト包装対応可】 05P09Jul16

作り方

玉ねぎは3~4㎜角のみじん切りにする。

 

ボウルにひき肉を入れて卵、塩小さじ3/4~1、

こしょう少々を加えて、

粘りが出るまでよく混ぜる。

 

小麦粉大さじ1を加えてさらに混ぜ、

玉ねぎを加えて軽く混ぜる。

 

[point_box3 color=”orange”]玉ねぎは大きめのみじん切りにして

生のまま入れて存在感を出す
[/point_box3]

 

片栗粉大さじ1は同量の水で溶いておく。

 

手にサラダ油少々(分量外)をつけて、

肉だねを12~15等分にして丸める。

 

たっぷりの揚げ油を180℃に熱し、

数個ずつ入れて約3分間全体がこんがりと

色づくまで揚げて、油をきる。

 

[point_box3 color=”orange”]揚げすぎるとかたくなるため、

色づいたら引き上げるように。

網にのせて余熱で火をとおすと、

外側はかりっと中はふんわりと仕上がる[/point_box3]

 

深めのフライパンか鍋に甘酢あんの材料を入れて

強火にかける。

煮立ったら、水溶き片栗粉を加えて混ぜ、

とろみをつける。

 

最後に肉だんごを加えて全体をからめ、

火を止めた後でごま油を回し入れる。

 

器に盛り付け、好みで香菜を添える。

 

スポンサーリンク

豆腐の酸辣湯(サンラータン)

材料(4人分)

絹ごし豆腐・・・小1丁(180g)

干しシイタケ・・・3~4枚

ゆでたけのこ・・・小1/2本(50g)

卵・・・2個

スープ・・・カップ4

紹興酒か酒・・・大さじ1

ラーユ・・・適量

 

香菜(シャンツァイ)・・・適宜

 

片栗粉、しょうゆ、酢、塩

 

スープは中国風顆粒チキンスープの素大さじ1を

カップ4の湯で溶いたものを使う

 

【栗原はるみ/キッチン用品】 ぶどう柄 サーバースプーン 【ギフト包装対応可】 05P09Jul16

【栗原はるみ/キッチン用品】 調理用スプーン (大) 赤 【ギフト包装対応可】 05P09Jul16

作り方

絹ごし豆腐は紙タオルでくるみ、

水けをよく切っておく。

 

干しシイタケは少なめの水(カップ1/2ほど)で

30分~1時間かけて戻す。

 

軽く水けをしぼり、軸を落としてせん切りにする。

 

たけのこは細いせん切りに、

豆腐は1㎝角に切る。

 

片栗粉小さじ2は同量の水て溶いておく。

卵は溶きほぐしておく。

 

鍋にスープを入れて強火で熱し、

煮立ったら紹興酒と戻したシイタケを加えて少し煮込む。

 

中火にしてたけのこを加え、

少し煮てから豆腐を加える。

 

醤油大さじ2と、酢大さじ4を加え、

味を見て塩適量で加減する。

 

煮立ったら水溶き片栗粉を加えて、

ゆるくとろみをつける。

 

再度沸騰したら卵を少しずつ回しいれ、

火を止めてからラー油を加える。

 

器によそい、好みで香菜を添える。

 

スポンサーリンク

コメントを残す